柏、松戸とは

柏駅(かしわえき)は、千葉県柏市一丁目および末広町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道である。

JR東日本の常磐線と、東武鉄道の野田線(愛称「東武アーバンパークライン」)が乗り入れ、接続駅となっている。JR東日本の駅には、快速線を走る特急・中距離電車および常磐線快速電車[注釈 1]と、緩行線を走る常磐線各駅停車が停車する

駅東側から旧水戸街道付近、さらにその先にかけての周辺一帯は東葛飾地方北部の商業の中心地として千葉県内でも有数の商業集積地となっており、柏市の中心市街地が形成されている。その外縁は住宅地である。

日本で初めて建設された駅東口および西口のペデストリアンデッキ(通称『ダブルデッキ』)で駅東口出入口とつながるSKY PLAZAビックカメラ)、ファミリかしわ丸井といった大規模店舗のみならず、駅前通り(ハウディモール)を軸に、二番街通り(柏モディ新星堂カルチェ5、ドン・キホーテを含む)、セントラルパル街など中小規模の商店が多い中心部型の商店街が広がり、商業施設だけでなく一部区画には風俗店ピンサロデリヘル)なども存在する。主に日中・夕方を中心に多くの人で賑わう繁華街の様相である。

最も古い商店街1942年(昭和17年)頃から栄えた旧水戸街道柏神社 – 北方面の「柏本町通り」で、こちらは燃料店、種苗店、呉服店、学生服店など昔ながらの業態も持っている。

また、東武駅舎と一体となっている柏高島屋ステーションモールは、同駅のランドマーク的な駅ビルである。

その他、市街地としての歴史は浅いものの、駅西側地区にはオフィスビルなどが立ち並び、証券会社の支店や小規模の商店などが存在する。

駅出入口は、東口、西口の他に南口がある。東西を結ぶ跨線橋に出る南口改札口は、すぐ左手(東)のファミリかしわビル内に進めば、小柳町上空通路を経由して二番街通り、セントラルパル街方面への近道として利用でき、屋根がある。また、右手(西)に進めば千葉県立東葛飾高等学校市進予備校、みくに幼稚園方面への最寄り出口となる。

駅東西にはタクシー乗り場とバスターミナルがある。バスターミナル・バス乗り場については記述の通りである

松戸駅(まつどえき)は、千葉県松戸市松戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・新京成電鉄である。

JR東日本の常磐線と、新京成電鉄の新京成線が乗り入れ、接続駅となっている。JR常磐線の駅には、快速線を走る特急中距離電車および常磐線快速電車[1]と、緩行線を走る常磐線各駅停車が停車する

かつて旧水戸街道宿場町、水運で栄えた松戸の町は、江戸川に沿うようにあり、当駅は「相模台」と呼ばれる台地と旧来の市街地の狭間にできた。駅開業後、商業などの中心は駅周辺に移行した。

駅東西両方にペデストリアンデッキがあり、西口デッキ下とイトーヨーカドー前にバスターミナルがある。駅直結の駅ビル(アトレ)やイトーヨーカドー、ダイエーなどの総合スーパーがある他、オフィスビルや商業ビルが多く立ち並んでいる。また、市役所付近や相模台地区には国や県の出先機関が複数ある。駅自体も東葛飾地方北部・JR常磐線沿線で柏駅に次ぐ乗降客数であると共に、行政面において同地区の拠点的な役割を果たしているため、相応に賑っている。毎年秋には「松戸まつり」が開催される。

松戸駅西口前。伊勢丹松戸店に向かう通り(2006年9月)。

  • 西口駅前広場
    • 西口バス乗り場(詳細は後述
  • 東口駅前広場
  • 東口バスターミナル(松戸新京成バス専用・詳細は後述

LINE IDをコピーしました

LINEを開く

友達登録してください